危機管理対策

有料人材紹介業

安全管理業務に消防職員OBを検討

消防職員OBに特化した有料人材紹介業ヒトヒカリ人材株式会社をご紹介致します。2023年12月に消防職員OBに特化した有料人材紹介部を新設。安全管理部門に元消防職員を採用することは、業務効率に有効と考えます。消防職員は消防や安全に関する専門知識や経験を持っており、危機管理や火災予防において貢献できると思っています
消防職員

消防職員の次世代リーダー育成

令和5年4月1日から地方公務員の定年が段階的に引き上げられる事になりましたが、消防職員も定年を迎え次々に退職されます、消防職員の次世代リーダーを育成するためには、優れた教育プログラムの提供や実践的な経験の提供他、次世代に繋ぐ事は有事の際の瞬時の適切な対応は大変重要と考えます。次世代のリーダーの育成をお考えになっている
有料人材紹介業

バス業界に消防職員OBを採用し安心安全を!

消防職員OBに特化した有料人材紹介ヒトヒカリ人材株式会社をご紹介致します。2023年12月に消防職員OBに特化した有料人材紹介部を新設しました。消防職員の経験と知識がバスの運行管理や安全対策に大いに役立つため、さまざまな役割で活躍することができます
消防職員

危機管理防災対策

令和6年元日、能登半島地震により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興と、被災者の皆様のご無事をお祈りいたします。地震、津波、液状化、洪水、火山、豪雨、暴風雨、台風、土砂崩れ、豪雪、干害、噴火、竜巻、自然災害、様々な災害が待ち受ける、発災前後
消防職員

消防職員OBが介護施設のBCP策定支援

2021年4月施行「令和3年度介護報酬改定における改定事項について」内で、2024年4月から全ての障害福祉サービス等事業者様においてBCP(業務継続計画)策定及び研修の実施、訓練の実施等が義務化が義務づけられました。ここでは、消防職員OB(旧職)が介護施設のBCP(事業継続計画)
消防職員

元消防職員に特化した転職紹介企業をご紹介

毎年、消防職員の3,000人強の方が定年で退職されました。地方公務員法の一部を改正する法律(令和3年法律第 63号)により、令和5年4月1日から地方公務員の定年が段階的に引き上げられ、消防行政に残る方もいらっしゃいますが、役職定年制の導入等に伴い、高齢期職員のモチベーションの低下やその能力が十分に発揮されない状況
危機管理対策

豪雨の前の心構えと備え

ゲリラ豪雨や台風、河川の決壊等、毎年必ずやってくる水害、事前に心掛ける事や備えが重要です。事前の対策を実施することで、豪雨による被害を最小限に抑えることができます。備える事をまとめてみました、水害対策の一助となればとご案内させて頂きます。防災意識の向上事前に地域の水害リスクや避難経路など、地元の避難計画を知り
消防職員

イベント情報

いつもTwitter『これで日常減災できたらいいな』では多くの皆様からの消防防災、危機管理、"備え"や防災力向上の為の知識や活動を様々な視点から学ばせて頂き感謝です。2015年9月に投稿しました『Twitter』、そもそも変なタイトル『日常減災』は私が2011年に作った造語です。2011年は皆様のご記憶に刻まれる有事
危機管理対策

雷を知る

雷は毎月発生しています、4月〜9月にかけては太平洋側に多く、10月〜3月にかけては日本海側で雷は発生しています。8月が圧倒的に発生数は多く、人口密集地において局地的な雷が発生します。この雷からの被害を軽減する為に、身を守る為の一助となれば幸です。雷は何故発生する雲、その中には氷のかけらが大小様々に存在する
危機管理対策

日本の危機管理体制の進化

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から28年が過ぎました。その後、日本の危機管理システムは、如何進化を遂げたのか、28年経過した、その後の日本の危機管理体制の現状と展望についての講演のご案内です。 主催 尾崎行雄記念財団が主...
トップへ戻る