森林火災用消火具

防災用品

最近5年間の平均で見ると、一日の被害は、約3.3件/1日と日々3件を超える山火事が発生しているとの事、又、約2ha/日の森林が燃え、損害額は約100万円の損害となります。森林が燃えるは、温暖化の影響もあるかと思います。燃え盛る森林火災に近寄るは危険ですのでおやめください。

森林火災の消火方法

1、冷却消火
燃焼物に対し、温度が上がらない様に冷却したり、燃焼を停止させる消火方法です。燃焼している周辺に水をかけて冷却し燃焼を抑制する事が必要となります。そのための消火をする為の器具の一つが【背負式消火水のう】です。他、消火用ポンプ、タンク及びホース等を使用して、火に水をかけて消火する事も有効です。

2、破壊消火
重機やスコップを用いて、燃え盛る森林周辺、まだ燃えていない森林や可燃物を破壊除去することで燃焼拡大を防止し鎮火する、方法です。

3、窒息消火
残火を叩いて消火するし、鎮火します。火を叩く事で火の粉が周辺に飛び散り火災を拡大させてしまうこともありますので十分注意する事が大事です。

アキレスファイヤーハンター【背負式消火水のう】

森林火災、燃え盛る火が小さくなり、森林内部に入り、残火を消火させる活動が必要となります、窒息消火や冷却消火で完全に火元を立つ(鎮火)事になります。その時に使用する、【背負式消火水のう】アキレスファイヤーハンターをご紹介。

 

私も体験しました。満水状態で18ℓ・両手で持ちピストン方式で動かす事で放水されます。一回の放水量(1ストローク)は90cc、放水距離は直射で10m以上、先端ノズルで直射と噴霧と切り替えが可能です。

消火器やエアゾール式簡易消火用具の様に検定マークやNSマークといった、第三者機関の認証はありませんが、消火機材として有効な商品となっています。

18リットルが満水状態でのアキレスファイヤーハンターの総重量は21kgです。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました