元消防職員に特化した転職紹介企業をご紹介

消防職員
消防職員OBに特化した転職エージェントをご紹介

毎年、消防職員の3,000人強の方が定年で退職されます、長年の消防行政で習得した資格や経験を生かし、民間企業様が望まれる危機管理関連職の指導者や管理職他へのネックストキャリアをサポートする企業をご紹介致します。

段階的な引上げ期間中の定年と完成型の定年

国家公務員法等の一部が改正された、平均寿命の伸長や少子高齢化の進展を踏まえ、豊富な知識、技術、経験等を持つ高齢の職員に最大限活躍していただく為に、定年の65歳引上げとなります。国家公務員の定年引上げに伴い、消防職員(地方公務員)の定年も60歳から65歳まで2年に1歳ずつ段階的に引き上げられることとなります。

消防職員の転職理由

地方公務員である消防職員、雇用は安定しています、しかし、定年を迎えて退職する方もいれば、中途で退職される方も少なくはありません。社会貢献度は高く、大変厳しい仕事に従事されていますが、どうしても退職せざるを得ない理由を想定してみました。

身体的・精神的なご負荷

身体的・精神的に非常に過酷な職種です。長時間勤務や緊急状態時のストレス、危険と隣り合わせの状況での瞬時の対応、身体面・精神面を激しく消耗させる要因となる事。

仕事と生活の調和の難しさ

不規則な勤務体制、家庭やプライベートな時間を確保することが難しい。これが、家族とのコミュニケーションの有意義な時間や気分転換の為の個人の趣味に十分な時間を割けないと感じる。

キャリアの成長

一部の消防職員は、長期間同じポジションでの作業や昇進の機会に限界があると感じる。
昇給制度はありますが、報酬を上げるためには役職に就く必要がありますが既に上位職のポジションが埋まっている場合は、そのポストが空かない限り、昇給できないというジレンマがある。

心理的な影響

トラウマや心理的なストレスを引き起こし、長期間にわたってこれに対処することが難しくなり、心理的な健康の維持ができなくなる。

目標や関心事の変化

社会的地位の高い消防職員ではあるが、入職したその後、時間とともに目標や関心が変わる事はございます。その変化に伴い、他の分野に興味を持ち、活躍の場を変えたいと思う。

地理的な理由

家族の都合、家庭の事情など、転居の必要性などにより、今までの勤務が不可能となる。

消防職員から民間企業へ転職する際の心構えと準備

自己分析と目標の設定

ご自分のスキル、経験、興味を振り返り、興味のある職種や業界を考えてみる事です。目標を明確に定め、方向性の明確化。

スキルの評価と補完

消防職員時代の経験、リーダーシップ、即応危機対応能力、チームワークなどのスキルは、民間企業でも重宝されます。足りないスキルや知識を洗い出し、それを補うための向上心を持ちましょう。

履歴書と職務経歴書を記載

一度、ご自分を見直すために、民間企業が求めるキーワードや要素に合わせて表現し直しましょう。具体的な業績や成果を強調しコメント欄に記載。

人脈を再点検

自分が興味を持っている業界や職種に関連する人間関係の再点検、SNSを活用し、他業種のコンタクトを広げて情報収集をお勧めいたします。

面接の心構え

転職先企業との面接に備えて、自己紹介や経歴を簡単で明確に伝える練習。消防職員で培った経験が如何にして企業貢献できるかを具体的述べる事ができるかを練習。

柔軟性と適応力の向上

新しい環境に即時適応し、柔軟に対応できる心構えを持つことが重要です。

希望職種の研究

希望転職先の業界や具体的に希望する企業があれば詳しく調査し、その企業週間や価値観に合致するかどうかを確認、その業界人からアドバイスをいただく事も重要。

元消防職員が有する資格

救急救命士/応急手当指導員/救急隊員/救急科/大型自動車/大型特殊自動車/けん引免許/小型移動式クレ-ン運転技能/移動式クレ-ン/玉掛け技能講習修了/足場組立等作業主任者/酸素欠乏/硫化水素危険作業主任者/ガス溶接作業主任者/潜水士/小型船舶操縦士/危険物取扱者/毒劇物取扱者/高圧ガス製造保安責任者/消防設備点検資格者/消防設備士/第1級陸上特殊無線技士/第2級陸上特殊無線技士/第3級陸上特殊無線技士/整備士/衛生管理者/予防技術資格者/防火査察/消防用設備/危険物/普通自動車第一種免許/その他

元消防職員(OBOG)が活躍できる職種

1.安全管理者
2.緊急対応コンサルタント
3.安全教育トレーナー
4.災害復興支援スペシャリスト
5.緊急医療スタッフ
6.災害対策部門
7.リスクマネジメント部門
8.プロジェクトマネージャー

活躍できる職種の詳細は👇こちら詳細はこちら

人材紹介の仕組み

転職企業紹介はヒトヒカリ人材株式会社が対応
ヒトヒカリ人材株式会社には、東京消防庁や地方消防を経験した
消防職員OBが相談窓口として対応しているとの事。

お問い合せ先はヒトヒカリ人材(株)へ

ご登録は無料との事です。

・60歳定年後の再雇用、65歳定年を待つ事なく無く再就職をされている方
・60歳を満たす事なく、民間企業への新たな職場にご興味がある方
・ご実家のご都合で実家への戻りたい、その先での転職先も検討したい
・転職理由は様々

先ずは登録し、ご希望があればヒトヒカリ人材(株)担当スタッフとの面談を試みて頂き、ご自身の価値を確認してみてはいかがでしょうか。ヒトヒカリ人材(株)へご相談をしてみてください。

コメント

トップへ戻る