熱中症の予防とポイント

自主防災組織

熱中症予防対策

新型コロナウイルス感染予防の為に、マスクを着用しいる環境下において、熱中症の予防と対策を同時に行わなければなりません、高温多湿な環境下で常備マスクをしている事により熱が放出できずに、体内に熱がこもり熱中症となります。屋外に於いてはソーシャルディスタンスを確保し、マスクをはずすよう心がけましょう、マスクを着用しなければいけない環境下で於いては、負荷のかかる作業や激しい動きは避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給と時に塩分やミネラル補給を心がけましょう。

一時でもマスクを外すことをお勧めします

常にマスクの着用は、マスク内での保湿効果があり、湿度が保持される事で、喉の渇きを感じなくなります、その為に水分補給はしなくても良いと思ってしまいがちです。
定期的な水分補給をお勧めいたします。
マスク不着用の時を探してみては如何でしょうか、例えば2mの距離が離れていること、周りに人がいなくて、屋外や天井の高い場所などでは、マスクを外すこともお考えになっては如何でしょうか。
マスク内に空間を作る為に、マスクの中に器具を入れて、口元に触れにくい、空気層ができ、呼吸のしやすい品もある様ですので、その様な補助用具をご利用いただくこともお勧めいたします。

熱中症に何故なるの?

体温調節機能がうまく働かず、体の中の熱を外に逃す事ができなくなってしまい、体内の熱がたまり体温が上昇して、急に発汗が増え、体内の水分や塩分が失われ、徐々に体調が悪化し、頭痛やめまい、吐き気等の症状が出てきます。

体温調節機能がうまく働かない環境は、気温が高く、湿度も高い場所に長時間いる事です。長時間いる事を避けたいのですが、水分や塩分が発汗によって失われるので、水分や塩分補給、高温多湿を避ける環境にいてください。

体温調節機能とは
暑いときには発汗して熱を放散し体温が上がるのを防ぎ、寒いときは熱を外に逃がさないなどの機能。
赤ちゃんはまだこの働きが未熟です、寒い環境なら体温は低下、暑ければ体温が上昇するのでご注意願います。

熱中症の症状

1、目まい、立ちくらみ、呼吸が浅い、顔色が悪化
2、頭痛、吐き気、体がだるい
3、痙攣、意識障害

熱中症の予防

酷暑が続き、多い日には1日200人以上が救急搬送されています。外出時、新型コロナ対策としてマスクを着用していると思いますが、マスクの着用は放熱を妨げとなります。周囲の人との距離を確保できる場合は、マスクを外すこともご検討ください

熱中症は、家の中で一番多く発生しています

1、エアコンや扇風機を使う
2、風通しを良くする
3、こまめに水分補給する
4、日差しを避ける
⇒できる限り日陰を歩き、過度な運動は止めましょう、日傘や帽子を使用して直射日光を避けましょう、最近では持ち運びができる小さな扇風機も活用しましょう。ご自宅ではカーテンを下ろして直射日光が差し込まないように室内温度上昇を抑えましょう。

5、体を冷やす
⇒体にこもった熱を放出しましょう、冷え冷えスカーフ、冷却スプレー、保冷剤を太い血管のある首の両側やわきの下などに充てて冷やしましょう。
6、塩分を補給する
⇒汗をかくと水分と塩分が体外に出て、体内の水分・塩分が不足し脱水に陥ったり熱中症を発症しやすくなる場合があります。そのため、水分だけでなく塩分もしっかりと補給しましょう。スポーツドリンク等良いですね。また、酷暑の夏は食事の味付けに塩加減を冬場より多く摂取しましょう。適度に冷えた水分をこまめに摂取しましょう。
7、気になる高齢者の一人暮らし
⇒新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、高齢者を思いやるばかりに帰省ができない今夏、孤立しやすい状況にあります。そのため、熱中症などの体調不良があっても発見が遅れる可能性が懸念されます。まめに連絡をとり上記1~3をお伝えし熱中症の予防を啓蒙しましょう。
8、緊急時の連絡先を確認し、すぐ連絡できる様に準備してください。


スマホも熱中症?対策は10円玉!

寒暖の差が激しく、体調管理が難しくなる時期、水分と塩分を補給し熱中症対策を心かけてください、また搬送者の中でクーラーを付ける事を遠慮される方々の搬送が多く目立っています、クーラーをつけてお過ごしください。この酷暑の中、人だけではありません、最近多くの方がもたれているスマホやリモートワークでパソコンが手放さない状況もあるのではないでしょうか、仕事や音楽を聴いたり、ネットニュースを見たり、調べ物をしたりと公私日常には欠かせないアイテムです。
スマホの使用環境温度上限は35℃程、最近使用していてスマホが熱いなと感じたことはないでしょうか、スマホやパソコンも同様、負荷がかかっています、スマホやパソコンも熱を逃がすことができず、性能が低下することがあるとの事。慌てて冷却材をあてて冷やすのはNG、スマホ内に結露が起こり、故障の原因になるとの事。
そこで10円玉、なぜ?熱くなる部分に熱伝導率の高い金属を置き、たまった熱をその金属に放熱させる方法があるとの事
その、熱伝導率が高い金属としては、金・銀・銅が良いとの事、金と銀は身近にはございませんので、身近にある銅、10円玉を使います。10円玉を熱がたまる場所にそのまま置いておくだけで効果があるとの事、パソコンも同様、熱がこもる場所に10円玉を置くと良いようです。
但し、熱を伝導した10円玉は効果がなくなりますので、ご注意願います。比較的冷たい10円玉に交換をしてください。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました