消火班の皆様

消火器が初期消火に有効

自主防災組織、自衛消防組織の班編成では、初期火災に対応するために、消火班がございます。
目的は出火元へ即時に向かい、現場を調査、誤報の場合や近くに人が居て初期消火できた場合もございますが、現場調査は数分で駆けつける現状把握をする事が重要です、何故なら初期火災は数分以内の消火を想定する必要がございます。火災現場で人がいて、消火活動にあたっている事、火災被害を最小限にとどめる事、延焼を食い止めることが重要、その際に火元が遠い場合は、119に通報する事が重要、万が一が一番怖いです、消火できると過信して、火災となると命を落とす可能性もございます。
消火活動では、消火器を使いましょう!

消火器の使い方

先ずは安全ピンを抜きます、そして消火器本体に固定しているホースを外し、火元に向けて、レバーを強く握りしめ、消火剤を放射しましょう。火元から1m以内での消火が有効ですが、火災現場は怖いです、火元に向けずに煙に放射すると炎が自分に向かってきます、何度も言いますが、煙に向けるは危険です、火元に向けて放射です、2m~3mあたりから、地面に向かって放出じわじわ火元に向け放出するのです、その時には複数の消火器があると良いでしょう、その方が鎮火の可能性も高まります、放出時間は約15秒です、一度放射すると圧がかかりますが、しっかりレバーとホースを持ち約15秒以内に火元に向かって放射してください。煙の色もご注意ください、燃え盛る時は黒色、火災が沈むと灰色、火種状態で再燃の恐れもある場合は黄色、そして鎮火した時は白色となります、白色でない場合は再燃の恐れがありますので、十分気を付けてください。

最新消火ノズルを次回ご紹介

常の訓練が必要となります、今は消防署員や消防団の方々が消火する為の消火ホースにも最新の商材がございます、今までは、放水圧があり、一人での消火は支えが無いと消火活動はできなかったが、今は女性が片手で放射できる消火ノズルがございます、次回こちらの消火ノズルをご案内致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。