BCP

消防職員

消防職員の次世代リーダー育成

令和5年4月1日から地方公務員の定年が段階的に引き上げられる事になりましたが、消防職員も定年を迎え次々に退職されます、消防職員の次世代リーダーを育成するためには、優れた教育プログラムの提供や実践的な経験の提供他、次世代に繋ぐ事は有事の際の瞬時の適切な対応は大変重要と考えます。次世代のリーダーの育成をお考えになっている
消防職員

危機管理防災対策

令和6年元日、能登半島地震により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興と、被災者の皆様のご無事をお祈りいたします。地震、津波、液状化、洪水、火山、豪雨、暴風雨、台風、土砂崩れ、豪雪、干害、噴火、竜巻、自然災害、様々な災害が待ち受ける、発災前後
消防職員

消防職員OBが介護施設のBCP策定支援

2021年4月施行「令和3年度介護報酬改定における改定事項について」内で、2024年4月から全ての障害福祉サービス等事業者様においてBCP(業務継続計画)策定及び研修の実施、訓練の実施等が義務化が義務づけられました。ここでは、消防職員OB(旧職)が介護施設のBCP(事業継続計画)
消防職員

元消防職員に特化した転職紹介企業をご紹介

毎年、消防職員の3,000人強の方が定年で退職されました。地方公務員法の一部を改正する法律(令和3年法律第 63号)により、令和5年4月1日から地方公務員の定年が段階的に引き上げられ、消防行政に残る方もいらっしゃいますが、役職定年制の導入等に伴い、高齢期職員のモチベーションの低下やその能力が十分に発揮されない状況
消防職員

イベント情報

いつもTwitter『これで日常減災できたらいいな』では多くの皆様からの消防防災、危機管理、"備え"や防災力向上の為の知識や活動を様々な視点から学ばせて頂き感謝です。2015年9月に投稿しました『Twitter』、そもそも変なタイトル『日常減災』は私が2011年に作った造語です。2011年は皆様のご記憶に刻まれる有事
BCP

介護施設でBCP策定が義務化

障害福祉サービス等事業者様全ての障害福祉サービス等事業者様を対象に、BCP(業務継続計画)策定や研修の実施、訓練の実施等が義務化となりました。障害福祉サービス等事業者様は下記一覧をご参照【入所・入居系】👉施設入所支援、療養介護、共同生活援助、福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設
危機管理対策

感染症対策用のアキレスエアーテント

シューズメーカーとしての印象が強いアキレスさん、2021年10月プラスチック部門にて防災事業部を創設しました、その防災事業部にて開催された、災害対策用テントを防災商品展示会のご紹介です。展示会場では、収納状態からテントを広げ、空気を注入しテントが完成していくまでの流れと、収納状態に戻すまでの流れ、一連を拝見し体感
トップへ戻る