自衛消防組織

危機管理対策

日本の危機管理体制の進化

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から28年が過ぎました。その後、日本の危機管理システムは、如何進化を遂げたのか、28年経過した、その後の日本の危機管理体制の現状と展望についての講演のご案内です。 主催 尾崎行雄記念財団が主...
防災用品グッズ

非常食 豆腐ジャーキー

豆腐発祥の地は中国、明確な記録はございませんが、奈良時代に、中国に渡った遣唐使の僧侶等によって伝えられたとされています。 豆腐のタンパク質は、血液中のコレステロールを低下させ、成分の一つにペプチドがあり、血圧上昇を抑制する効果があると言わ...
消防関連

旧規格消火器は2021年12月31日で使用できなくなりました

事務所や店舗、商業施設、マンション共有部他、多数の箇所に消火器が義務設置されています。そこに常時使用しない消火器を操作したり、廃棄処理しようとした際に、その消火器が老朽化していた場合に、破裂など消火器の事故が発生し、災難に見舞われることがあ...
自衛消防組織

消火器の家庭用(住宅用)と業務用の違い

外出すれば必ず見かける消火器、住宅の中でも見かける事も増えてきました。 消火器は初期火災の時に、火を消す為に有効な消火器具です。 消火器具とは、消火器と簡易消火用具を総称したものをいいます。 簡易消火用具とは、水バケツ、水槽他があり...
自治体

暗闇の屋内外で光るブルー蓄光

2022年6月、政府は今夏、電力の需給が厳しいと予想をしており、7年ぶりに節電を要請した。今年の夏は、節電の為に各所で灯りがともる時間も短く、部分的での灯火となるのでしょう。また事務所内においても節電の為暗くしている環境が想定されま...
自治会

感震ブレーカー《瞬断》二次災害の火災対策に効果

地震発生!停電後の電力復旧による通電後に起こりうる二次災害、火災! これは、地震により、室内にある家具が転倒し、その転倒した家具の下敷きになり、電気製品の転倒や電気コードを破損し、その箇所から通電後に発火する可能性がございます(通電火災)...
防災用品グッズ

ゲリラ豪雨の対策とグッズ

近年、毎年発生する、局地的に短時間で降る激しい豪雨"ゲリラ豪雨"、雨が降る範囲は小さいが、突然に起こるため、事前に予測することが難しいといわれています。ここでは、ゲリラ豪雨のしくみを説明します。 毎年発生する貴方の街にも訪れる可能性のある...
自治体

新たな消防用ノズル【龍神ノズル】が堂々完成

永年、消防用ノズルは進化がないと言われています、そこにある元消防職員からの火災現場での消火活動に重要な消防用ノズルの事で相談を受け、消防用ノズルの新商品の開発に着手したメーカーが愛知県にございます。20年にわたり自動車などのボディを塗装する...
自治会

停電しても消えない電球「いつでもランプtsuita」

政府は2022年7月1日、2015年以来約7年ぶりとなる全国規模での節電要請を行い、7月1日から9月末日までの3か月間、数値目標は設定せず、生活や経済活動に支障のない無理のない範囲で節電への協力を呼びかけました。 熱中症対策のためにエアコ...
自衛消防組織

投げる消火用具

2021年12月17日、大阪・北新地のビルでガソリンをまいた放火事件が発生した。被害者25人が死亡の大惨事となりました。先ずは、被害者様ならびにご家族や関係者様の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。 過去の大惨事、お隣の国、2003年韓国...
トップへ戻る