自衛消防組織

消防関連

旧規格消火器は2021年12月31日で使用できなくなりました

事務所や店舗、商業施設、マンション共有部他、多数の箇所に消火器が義務設置されています。そこに常時使用しない消火器を操作したり、廃棄処理しようとした際に、その消火器が老朽化していた場合に、破裂など消火器の事故が発生し、災難に見舞われることがあ...
自衛消防組織

消火器の家庭用(住宅用)と業務用の違い

外出すれば必ず見かける消火器、住宅の中でも見かける事も増えてきました。 消火器は初期火災の時に、火を消す為に有効な消火器具です。 消火器具とは、消火器と簡易消火用具を総称したものをいいます。 簡易消火用具とは、水バケツ、水槽他があり...
自治体

暗闇の屋内外で光るブルー蓄光

2011年3月11日の東日本大震災、2018年9月6日の北海道胆振東部地震他、今では毎年訪れる大型台風・ゲリラ豪雨等の異常気象により、何処かで電力供給が一時的に遮断され,停電事故が多発しています。 夜間の地域住民に対する避難通路の...
自治体

新たな消防用ノズル【龍神ノズル】が堂々完成

永年、消防用ノズルは進化がないと言われています、そこにある元消防職員からの火災現場での消火活動に重要な消防用ノズルの事で相談を受け、消防用ノズルの新商品の開発に着手したメーカーが愛知県にございます。20年にわたり自動車などのボディを塗装する...
自衛消防組織

投げる消火用具

2021年12月17日、大阪・北新地のビルでガソリンをまいた放火事件が発生した。被害者25人が死亡の大惨事となりました。先ずは、被害者様ならびにご家族や関係者様の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。 過去の大惨事、お隣の国、2003年韓国...
自衛消防組織

火災でこわい煙を知る

火災時でこわいのは煙です。煙は一酸化炭素などの有害ガスを含み、火による被害よりも、煙を吸い込んで意識が無くなり被害者となる事が大変多くなっています。 火災の煙から身を守る為、平常時から火災を想定した、避難訓練を実施し、火災発生の際、煙の事...
自衛消防組織

ゲリラ豪雨の対策とグッズ

2022年4月15日お昼頃台風1号が父島を通過、関東地区に接近しました、今年も台風、ゲリラ豪雨対策と備えについて、ご検討ください、事前の備えが減災につながる、『避難指示』で必ず避難をしましょう! 昨今増え続ける夏のゲリラ豪雨、時間降水量5...
パンデミック

エアロゾル感染を銀イオンで簡単解説

銀イオンの効果 銀は古くから食器や装飾品として使用されてきました。欧州の貴族達は銀の壷に水を保管しておく事で、水の腐敗を防げる事を知っておりました。古来より銀食器が好んで使用されましたのは、その装飾としての美しさのほかに、毒殺の予防という...
感染防止対策

用途豊富なエアーマット

大規模地震発生時、 公共交通機関は停止、そんな中、多くの帰宅困難者となった方々が一斉に帰宅する為に徒歩他で移動をされます、その時道路には多くの人が溢れる事で、緊急車両の通行の妨げになり、 応急活動に支障をきたす可能性があります。 ...
自衛消防組織

感染症対策用 陰・陽圧式エアーテント

シューズメーカーとしての印象しかなかった、アキレスさんの災害対策用テントを防災商品展示会で見てきました。展示会場では、収納状態からテントを広げ、空気を注入しテントが完成していくまでの流れと、収納状態に戻すまでの流れ、一連を拝見し体感しました...
トップへ戻る