防災用品

消防関連

旧規格消火器は2021年12月31日で使用できなくなりました

事務所や店舗、商業施設、マンション共有部他、多数の箇所に消火器が義務設置されています。そこに常時使用しない消火器を操作したり、廃棄処理しようとした際に、その消火器が老朽化していた場合に、破裂など消火器の事故が発生し、災難に見舞われることがあ...
BCP

介護施設でBCP策定が義務化

障害福祉サービス等事業者様 全ての障害福祉サービス等事業者様を対象に、BCP(業務継続計画)策定や研修の実施、訓練の実施等が義務化となりました。障害福祉サービス等事業者様は下記一覧をご参照 【入所・...
(無人航空機)ドローン

無人航空機(ドローン他)の登録が義務化

日本国、我々が住まう国は地震、台風、豪雨など自然災害が多発する国、この災害多発地帯に住んでいる以上、常の備えが必要です。各社その備えとしての消防防災資機材の開発や技術の発展は目覚ましく、また、老舗防災企業に加え新興防災企業も続々と参入してい...
自治体

暗闇の屋内外で光るブルー蓄光

2022年6月、政府は今夏、電力の需給が厳しいと予想をしており、7年ぶりに節電を要請した。今年の夏は、節電の為に各所で灯りがともる時間も短く、部分的での灯火となるのでしょう。また事務所内においても節電の為暗くしている環境が想定されま...
自治会

感震ブレーカー《瞬断》二次災害の火災対策に効果

地震発生!停電後の電力復旧による通電後に起こりうる二次災害、火災! これは、地震により、室内にある家具が転倒し、その転倒した家具の下敷きになり、電気製品の転倒や電気コードを破損し、その箇所から通電後に発火する可能性がございます(通電火災)...
自治会

トイレットペーパーを備蓄しましょう

いつしか必ず訪れる大規模災害、その時はあらゆる物資が不足します、災害地で良く聞く、非常用トイレの重要性、生理現象ですので我慢をする事は困難、その時に必要になるのはトイレットペーパー、生活には必要不可欠ですが、このトイレットペーパーの不足も深...
防災用品グッズ

ゲリラ豪雨の対策とグッズ

近年、毎年発生する、局地的に短時間で降る激しい豪雨"ゲリラ豪雨"、雨が降る範囲は小さいが、突然に起こるため、事前に予測することが難しいといわれています。ここでは、ゲリラ豪雨のしくみを説明します。 毎年発生する貴方の街にも訪れる可能性のある...
消防団

地球に優しい消火液 Hyzip-X(ハイジップエックス)

令和元年中の出火件数は、3万7,683 件と、10 年前(平成 21 年中の出火件数)と比較すると26.3%減少していますが、1日当たりで見てみると103 件/日の火災が発生した事となり、多くの火災被害があり、その火災を延焼防止し...
自治会

停電しても消えない電球「いつでもランプtsuita」

政府は2022年7月1日、2015年以来約7年ぶりとなる全国規模での節電要請を行い、7月1日から9月末日までの3か月間、数値目標は設定せず、生活や経済活動に支障のない無理のない範囲で節電への協力を呼びかけました。 熱中症対策のためにエアコ...
防災用品グッズ

台風に備える家での対策

台風に備える対策 2022年梅雨が明け、今後の台風情報には注意が必要です。 最近の水害は想定外の被害と言われる豪雨に見舞われる事が多く、梅雨時期や異常気象による集中豪雨、そして毎年来るであろう大型台風が高い確率でやってきます、既に備えは...
トップへ戻る