消火班

危機管理対策

全自動ドローン・基地システムAtlasPRO(アトラスプロ)

ドローンの利活用は様々、多くの産業の有効な資機材となり、より便利で快適な社会となることを期待しています。 ドローンビジネスの市場規模は2027年度には8000億円規模と拡大する見込みとも言われています。 2022年12月5日に施行された...
危機管理対策

日本の危機管理体制の進化

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から28年が過ぎました。その後、日本の危機管理システムは、如何進化を遂げたのか、28年経過した、その後の日本の危機管理体制の現状と展望についての講演のご案内です。 主催 尾崎行雄記念財団が主...
消防関連

旧規格消火器は2021年12月31日で使用できなくなりました

事務所や店舗、商業施設、マンション共有部他、多数の箇所に消火器が義務設置されています。そこに常時使用しない消火器を操作したり、廃棄処理しようとした際に、その消火器が老朽化していた場合に、破裂など消火器の事故が発生し、災難に見舞われることがあ...
自衛消防組織

消火器の家庭用(住宅用)と業務用の違い

外出すれば必ず見かける消火器、住宅の中でも見かける事も増えてきました。 消火器は初期火災の時に、火を消す為に有効な消火器具です。 消火器具とは、消火器と簡易消火用具を総称したものをいいます。 簡易消火用具とは、水バケツ、水槽他があり...
(無人航空機)ドローン

無人航空機(ドローン他)の登録が義務化

日本国、我々が住まう国は地震、台風、豪雨など自然災害が多発する国、この災害多発地帯に住んでいる以上、常の備えが必要です。各社その備えとしての消防防災資機材の開発や技術の発展は目覚ましく、また、老舗防災企業に加え新興防災企業も続々と参入してい...
自主防災組織

マンションや町内会の自主防災組織の作り方

自主防災組織を作ろう マンション管理組合、町内会や自治会の皆様は住まう地域の防災力向上の為に常々悩まれている事と存じます。先ずは防災を知るにはどうすればいいのか、今ある防災用品で万が一の災害発生の時にどう対応すればいいのだろうか、防災訓練...
消防団

地球に優しい消火液 Hyzip-X(ハイジップエックス)

令和元年中の出火件数は、3万7,683 件と、10 年前(平成 21 年中の出火件数)と比較すると26.3%減少していますが、1日当たりで見てみると103 件/日の火災が発生した事となり、多くの火災被害があり、その火災を延焼防止し...
自治体

新たな消防用ノズル【龍神ノズル】が堂々完成

永年、消防用ノズルは進化がないと言われています、そこにある元消防職員からの火災現場での消火活動に重要な消防用ノズルの事で相談を受け、消防用ノズルの新商品の開発に着手したメーカーが愛知県にございます。20年にわたり自動車などのボディを塗装する...
自衛消防組織

投げる消火用具

2021年12月17日、大阪・北新地のビルでガソリンをまいた放火事件が発生した。被害者25人が死亡の大惨事となりました。先ずは、被害者様ならびにご家族や関係者様の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。 過去の大惨事、お隣の国、2003年韓国...
自衛消防組織

火災でこわい煙を知る

火災時でこわいのは煙です。煙は一酸化炭素などの有害ガスを含み、火による被害よりも、煙を吸い込んで意識が無くなり被害者となる事が大変多くなっています。 火災の煙から身を守る為、平常時から火災を想定した、避難訓練を実施し、火災発生の際、煙の事...
トップへ戻る