無人航空機(ドローン)の登録が義務化

(無人航空機)ドローン

日本国、我々が住まう国は地震、台風、豪雨など自然災害が多発する国、この災害多発地帯に住んでいる以上、常の備えが必要です。各社その備えとしての消防防災資機材の開発や技術の発展は目覚ましく、また、老舗防災企業に加え新興防災企業も続々と参入している状況は心強い限りです。
多くの災害対策のドローンを活用した防災事業の発展は素晴らしく、災害被害者を軽減することは間違いないと感じます。

安全な運用の為にドローンの登録が義務化されます。

無人航空機の登録が義務化になるのは何故?

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の利用発展目覚ましく、使用台数が急増していますが、台数の増加に伴い、無人航空機に関連する事故、今は許可が必要ですが無許可で飛行をさせる事案が頻発しています。
このような状況を踏まえ、事故発生時の原因の究明、安全に運用して頂く必要があり、無人航空機の所有者を特定し、諸問題の解決を把握する為に航空法改正に基づき登録制度を設けることにしたようです。

義務化の期日

事前登録受付
2021年12月20日開始

登録義務化
2022年6月20日開始

未登録の場合の罰則

  • 未登録の無人航空機を飛行させることは禁止です。(航空法第131条の4第1項)
    ⇨違反した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金の対象となります。(航空法第157条の4第1項)
  • 機体登録記号の表示等の措置が講じられていない場合には無人航空機を飛行させることは禁止されています。(航空法第131条の7第2項)
    ⇨違反した場合には、50万円以下の罰金の対象となります。(航空法第157条の6第1項)

機体登録記号標をご紹介

推奨理由

現在、機体への記号標は油性ペンで記載やシール対応でも良いとされているが、
様々な用途に用いられる無限の可能性を秘めたドローン、災害用ドローンを想定しても消火活動や救命用他、過酷な環境での使用が想定されます、よって耐火性、耐候性、偽造防止等さまざまな観点から
「株式会社ユーロックテクノパーツ社製」「無人航空機登録記号標(ドローンナンバープレート)」をご紹介致します。

商品概要

■材質は非磁性。飛行に影響を与えません。
■米軍制定MIL規格準拠品の専用接着剤が付属。衝撃で簡単に剥がれません。
■特殊な着色とレーザー刻印表示で耐久性を追求しています。

・半永久的に登録番号を表示できること
・耐候性、耐紫外線性能の環境性能を満足すること
・容易に複製できないものであること
・表示場所を選ばない大きさと容易な取り付け性を有すること
・万一の墜落時に、機体が炎上しても消失せず登録番号を表示している耐火性能をもつこと
耐火性を検証、検証動画は👇又はこちら

一般社団法人ドローン安全推進協議会が推奨

「無人航空機登録記号標(ドローンナンバープレート)」は
一般社団法人ドローン安全推進協議会が認定及び推奨しています。
一般社団法人ドローン安全推進協議会は危機管理において特殊なノウハウを有しており、それを日本国国家のため、官民一体となり、ドローン全般における安全推進に特化した事業・啓蒙活動を展開している団体です。
一般社団法人ドローン安全推進協議会のホームページはこちら

登録からご注文の流れ

登録から株式会社ユーロックテクノパーツ社の無人航空機登録記号標(ドローンナンバープレート)の商品概要ご注文はこちら(購入店コード番号:S624

リーフレットはこちら

無人航空機の登録の流れはこちら👇

コメント

トップへ戻る