救出・救護班

危機管理対策

全自動ドローン・基地システムAtlasPRO(アトラスプロ)

ドローンの利活用は様々、多くの産業の有効な資機材となり、より便利で快適な社会となることを期待しています。 ドローンビジネスの市場規模は2027年度には8000億円規模と拡大する見込みとも言われています。 2022年12月5日に施行された...
危機管理対策

日本の危機管理体制の進化

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から28年が過ぎました。その後、日本の危機管理システムは、如何進化を遂げたのか、28年経過した、その後の日本の危機管理体制の現状と展望についての講演のご案内です。 主催 尾崎行雄記念財団が主...
(無人航空機)ドローン

危機管理ドローンソリューション

2022年10月7日 危機管理産業展が終了しました。雨の中この度の入場者は昨年より多かったのではと感じました、最終日に聞いた所、2割増しとの事でした。この度の危機管理産業展ではNEW併催企画として、危機管理ドローンソリューション、危機管理分...
(無人航空機)ドローン

無人航空機(ドローン他)の登録が義務化

日本国、我々が住まう国は地震、台風、豪雨など自然災害が多発する国、この災害多発地帯に住んでいる以上、常の備えが必要です。各社その備えとしての消防防災資機材の開発や技術の発展は目覚ましく、また、老舗防災企業に加え新興防災企業も続々と参入してい...
自治体

暗闇の屋内外で光るブルー蓄光

2022年6月、政府は今夏、電力の需給が厳しいと予想をしており、7年ぶりに節電を要請した。今年の夏は、節電の為に各所で灯りがともる時間も短く、部分的での灯火となるのでしょう。また事務所内においても節電の為暗くしている環境が想定されま...
自治会

トイレットペーパーを備蓄しましょう

いつしか必ず訪れる大規模災害、その時はあらゆる物資が不足します、災害地で良く聞く、非常用トイレの重要性、生理現象ですので我慢をする事は困難、その時に必要になるのはトイレットペーパー、生活には必要不可欠ですが、このトイレットペーパーの不足も深...
防災用品グッズ

ゲリラ豪雨の対策とグッズ

近年、毎年発生する、局地的に短時間で降る激しい豪雨"ゲリラ豪雨"、雨が降る範囲は小さいが、突然に起こるため、事前に予測することが難しいといわれています。ここでは、ゲリラ豪雨のしくみを説明します。 毎年発生する貴方の街にも訪れる可能性のある...
自主防災組織

マンションや町内会の自主防災組織の作り方

自主防災組織を作ろう マンション管理組合、町内会や自治会の皆様は住まう地域の防災力向上の為に常々悩まれている事と存じます。先ずは防災を知るにはどうすればいいのか、今ある防災用品で万が一の災害発生の時にどう対応すればいいのだろうか、防災訓練...
自衛消防組織

火災でこわい煙を知る

火災時でこわいのは煙です。煙は一酸化炭素などの有害ガスを含み、火による被害よりも、煙を吸い込んで意識が無くなり被害者となる事が大変多くなっています。 火災の煙から身を守る為、平常時から火災を想定した、避難訓練を実施し、火災発生の際、煙の事...
防災用品グッズ

熱中症の予防とポイント

熱中症予防対策 2022年、梅雨明け、各地で猛暑!意識的に水分補給をしてください!まだ続く新型コロナウイルス感染予防、その為にマスクを着用しいる環境下において、熱中症の予防と対策を同時に行わなければなりません、高温多湿な環境下で常備マスク...
トップへ戻る