ドライブスルーPCR検査を経験

新型コロナ対策

ドライブスルーPCR検査

コロナ禍の今、一人発熱すると家族全ての予定が中止となります、また家族に移っていないか、今まで会ってた人は大丈夫だろうか等、発熱者はご自分の事以上に周りの方々を気遣います。家族の一人が発熱、初めてのPCR検査体験はドライブスルーでした。

家族の一人が発熱で皆が監禁状態

37.4発熱した家族は、多少の体調不良はありましたが、朝食の味噌汁、卵焼き、明太子、しらすご飯は完食。味覚ありとの事で重症ではなかったのですが、本日のパート勤務はお休みを取りました、パート先からP C R検査を受けてください、と依頼があり、P C R検査を受けるべく、検査場所を探しました。発熱した場合は、自宅近くの発熱外来に連絡をとり、受検してください、との事で連絡しました。

発熱外来を探す

ネットで自宅近くの発熱外来を調べて、近くの病院に連絡。

1件目の病院は、マニュアルに添った質問を受け、受検可能との事で、価格を尋ねると数万円! 今でも高額であることを知る、正直ビックリしました。

一応、複数確認が必要と思い、2軒目連絡をした所、最初の質問は“車”お持ちですか?でした。

はい、と答えると、ドライブスルーP C R検査にて受検できるとの事。
料金も数千円と安価、陰性でも陽性でも価格変動は無いとの事。
検査後の検査結果表も後日お渡しする(数千円の料金に込)との事。

PCR検査会場へ

指定された病院が入る商業ビルに行き、1階の駐車場で待機、指定された時間に電話をし指示をされた立体駐車場の4階に行きました。さぞかし混んでいるかと思った所、我々1組だけでした。

私達は車の中にいて窓を開け、防護服と手袋・マスクと厳重な装備をした病院スタッフから説明を受け、鼻に検査棒でホジホジして、終了、検査時間は数分でした。

検索結果は、早ければ約30時間後には判明するとの事。

病院スタッフに質問

Q1:なぜ安価なのですか
A1:保険の適用と公費で賄う

Q2:受検できるのは、近隣地区在住の方だけですか?
A2:基本は近隣地区在住者ですが、近くにある商業施設で遊んだ後、発熱がありP C R検査を受検したいとの要望があれば、対応致します、との事。

昨年とは違い、P C R検査も安価で大変便利になったのだと思いましたが、その反面、通常であれば医師は商業ビル内のクリニックで来院を待ち診察をする事が通常診察、この度はP C R検査の為に病院スタッフ2名が駐車場にまできて対応して頂きました。一人は検査スタッフ、その他検査場までのエスコートをして頂きました。これだけでもマンパワーが増大している、各病院での感染症対策の最前線に立つ医療従事者には、心より感謝の気持ちをお伝えすることしかできません、改めて御礼を申し上げます。

我が家での対策と医療従事者の皆様に御礼

私は日常の生活での飛沫感染対策を心がける事で対処したいと思います。

  • 発熱した家族は隔離:食事を作ると隔離部屋に配膳、食器洗い等(新型コロナに有効な界面活性剤含有の食器洗い洗剤を使用)
  • 除菌、抗菌:家の中では持続除菌効果のある銀イオン洗剤をはじめ、銅イオン等で拭き上げ、手洗いもこまめに実施
  • 換気:飛沫対策、マイクロ飛沫(エアロゾル)感染対策

最近の生活は、飛沫には遭遇しない環境にあると思いましたので、家族の発熱は驚きでしたが陽性でなくて良かったです、また近所に安価で素早く、車の中なので安心安全なドライブスルーP C R検査をして頂けるクリニックがある事に感謝申し上げます。

その後の熱は37°Cを前後し、2日後には36°C台と熱は下がった様子、あとはPCR検査の結果を待つのみとなった。
70時間後(3日後)に連絡が入り、陰性を確認、結果書面は4日後にお渡しできるとの事でした。

陰性が確認でき、久しぶりのパート勤務に出かける予定でしたが、勤務先では熱が下がり72時間は自宅待機、との事でした。

新型コロナの影響で、長期間にわたり関わる方々にご迷惑をおかけする事に大変申し訳なく思います。

全国の飛沫感染対の医療従事者の皆様には、改めて御礼を申し上げます。

防災関連のご用命他、ご質問はこちら

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました