外国人技能実習生の受け入れと同時に防災意識向上を

新型コロナウイルスの影響で、企業の戦力として欠かせない存在となっていた外国人就労者の日本への受け入れが停滞していた、しかし日本での経済発展のためには引き続き、多くの会社で職場内に外国人が当たり前の様に在籍しているといった環境が予想されます。
職場に外国人の増加と共に、日本人は今まで以上に日本との文化の違いや生活習慣の違いなど異文化の違いを理解し深めることが重要です、又日本は災害が多発する国で日本人同様に外国人就労者も防災力を高める事が必要です。
現状、監理団体様や受け入れ企業様は外国人労働者の皆様の仕事に関する教育で手一杯で、防災教育まで手が回らないのが実態です。また、外国人労働者のほとんどが地域の自治会に加入していませんので、自主防災組織との情報連携もなく、地域の災害についての知識がないのが実情です。
1、外国人にもわかりやすく防災意識向上の為、災害発生時に注意すること、災害の前に準備しておくもの、勤務先や外出時に災害に遭遇した時の行動の仕方などを学ぶといいでしょう。
2、外国人就労者の日本で受け入れサポートいたします監理団体様の業務効率軽減を図れるご提案を致します、その業務軽減された時間を有効活用していただき、外国人就労者に皆様にも災害大国日本での防災意識向上をご提案できる機会をご検討頂ければ幸いです。
監理団体様の業務効率化をご提案させて頂きます、Gシステムを簡単にご紹介いたします。
Gシステムとは、外国人技能実習生制度における監理団体の情報管理を主な目的とした、クラウド型データ管理システムです。少人数の受け入れ運営で開発費にまで資金を回したくない、とお悩みの監理団体様、開発費無しで毎月のお支払いで業務効率が図れます、人数の増加に伴い書類に忙殺される事務スタッフ、事務スタッフの増員は最小限に抑え、事務効率向上を図り経費の負担を軽減できるシステムです、クラウド型なので、出張中や外出先でも手続きが可能、システムカスタマイズの相談も承ります。
Gシステムについてのお問い合わせはこちらをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。